飲食店の商品開発

飲食店の商品開発がしたい人のための求人,/h2>
飲食店の中でも、どこでどのようなメニューを出すか、ということは、そのお店の命運を分ける大事なものでもあります。このため、最近は飲食業界に携わるのであればメニュー開発や商品開発をやってみたいという人もいて、さまざまなお店でも募集が行われています。では、飲食業界の求人で商品開発が出来るような部署、とは一体どんなところでしょうか。

まず、傾向としては主に本社や開発現場に携わることが多いものです。基本的に本社や主要都市の支社で開発を行うため、そのようなところで勤務することが多くなっています。このため、都市が中心となる全国的なチェーン店の場合はやはり東京が主流です。もし地方で働きたい、というのであれば、その地方を本社とする飲食業界の大手企業などがあれば、そこで開発を行っていることもあります。よく調べてみましょう。

次に求人としては、最初からいきなり開発業務を行う、というところは少なくありません。基本的に求人の際には、商品開発の経験者や食品生産・食品加工に詳しい人を募集することが多いものです。また、そのような人が仮に入社してきたとしても、すぐにということはありません。主に主要な部署をいくつか見て行ったり、少なくとも最初にその企業や取り扱うブランドについての研修がなされます。場合によっては店頭で接客・販売業務を行ったり、工場勤務になることも少なくありません。ただ、そこでの経験はその後に商品開発をしていく際に必ず活かされることでしょうから、ぜひ気を緩めず仕事をしたいものです。

また、食品についての知識も必要になります。この場合はそのお店ならではの商品の仕入れルートやどのよな商品を求めているか、ということを考えて行う必要があります。地産地消を売りにしているレストランの場合、季節ごとに違う野菜のことや、肉・魚の旬などを把握しておく必要があるのです。その一方で色々なところから原材料を仕入れることが出来ても、店舗で提供できるかどうか、工場で作ることが出来るかどうか、などを考える必要があります。このため、求人の際には経験者ということがとても多く、新卒の場合は農業系の学部が多くなっています。レストラン等の場合は栄養士の資格がある人でも有利になるかもしれませんが、それ以外の人には比較的難しいものでもあるでしょう。

飲食業界の中でも、商品についての部署は求人も少なく、比較的難易度が高めの業界となっています。ただし、一度知識を身につければ長く働くことができるのが嬉しいところでしょう。