求人へ電話で応募

転職や就職活動で求人情報を閲覧して、良い求人があれば、まずは電話で連絡をして、採用担当者と話をして応募状況の確認をしたりしますが、電話連絡の際には色々と注意が必要です。
一つは、かける場所です。街の中の騒がしい場所からかけたりすると、相手は話しづらくて、早くも印象が悪くなってしまいます。周りがうるさいせいで聞き返すことがあったら、印象は最悪と言えるでしょう。
また、電波の悪い場所からかけると、途切れてしまうことがあり、これもお互いが話しづらい状態になってしまいます。

もう一つは、かけるアイテムです。固定タイプであれば特に問題はないと言っても良いでしょうが、携帯電話を使用すると、電波だけでなく、充電がなくなって切れてしまう恐れがあります。
また、メモできる環境を整えておくことも大切です。話をしていく中で、面接の日が決まったり、用意する物を聞いたりすることもあります。そういったことを相手と話しながら覚えようとすると頭に入ってこないことがあります。その時は入ってきたとしても、電話を切った後に思い出せなくなってしまうこともあります。忘れたからと言って、また先方に連絡をしたら迷惑であり、印象は良くありません。ですから、話しながらメモをとるといったことはとても大切なことです。

このように、とても色々なことに気を付けて応募をしなくてはなりませんが、応募する求人の種類によって特別な注意と言うのも必要になってきます。
例えば、きりたんぽの求人に応募する時には、電話をかける時間に気を付けなければなりません。どの職種でも、始業開始直後や終業時間間際といった時間帯にかけるのは良くありませんが、きりたんぽ店ならではの注意もあります。それが午後12時前後と夜7時前後です。
要は、昼食時と夕食時です。こういった時間帯、きりたんぽ店は多くのお客さんで混雑しており、とても忙しいことが容易に予想できます。そんな時に応募の連絡があるのは迷惑以外のなにものでもありません。
また、居酒屋など、きりたんぽを置いている店の種類によって忙しい時間帯は異なるでしょうから、その辺も注意が必要です。

なお、きりたんぽ店によって混雑具合も異なるでしょうから、大体前後2時間ぐらいは余裕をとって、それ以外の時間帯にかけた方が安全でしょう。
ちなみに、ちょっとした工夫ではありますが、もしそのお店によく行くなど、詳しい人が友達や知人にいれば、混んでいる時間を聞くというのも一つの手です。思わぬ時間が混んでいた場合に、そういった時間帯を避けて連絡ができれば、最初から良い印象を与えることができて、有利に活動していくことができます。”